加齢とともに

two drugs on hand

女性の体というのは男性に比べて変化しやすいです。
女性特有の悩みの一つに「更年期障害」というものがあります。更年期障害というのは、更年期(40代なかば)を迎えることで卵巣の機能が衰えてきて、女性ホルモンの分泌量が一気に低下します。
女性ホルモンの分泌量が低下してしまうことでホルモンバランスが乱れてしまい、その結果体や心に様々な症状が訪れてしまいます。更年期の症状は一つではありません。人によって現れる症状は違いますし、その程度も異なります。
体に現れる症状であれば、多汗、ほてり、肩こり、めまいというような症状が現れます。心に現れる症状であれば、イライラ、うつ、神経質、不眠というような症状が現れます。
いくつも症状を感じる方もいますので、更年期障害と言うのは女性にとって非常につらい時期でもあります。

しかし、そのつらい症状は我慢する必要はありません。
治療薬を服用すれば症状は緩和されます。プレモンという治療薬には女性ホルモンを増やす効果があります。体の中で分泌されない女性ホルモンを体の外から取り入れることで更年期の症状を抑えることができます。
プレモンは症状を緩和するという目的で服用することができますが、更年期の予防や女性の薄毛予防にも適しています。
副作用は殆どありませんが、人によっては胸が張る、吐き気、出血というような症状があります。ただ、服用して2~3ヶ月経過すると症状が治まります。「この症状は副作用?」と心配な場合にはクリニックで診察を受けましょう。

基本的にはどなたでも服用していただけますが、血栓症などの持病を持っている方やアレルギー体質という方は、購入前に医師へ相談をしましょう。