購入方法

hand holding medicines

アフターピルを手に入れる方法は主に2種類あります。どの方法とは「病院」と「通販」です。
それぞれで手に入れる手順や費用が変わってきますので、両者の特徴を知ってから適した方法で購入するようにしましょう。

まず、病院で手に入れる方法について紹介します。
病院を利用するという場合には婦人科やレディースクリニックと呼ばれるようなところへ出向き、診察を受ける必要があります。問診票を記入し、医師の診察を受けた上でアフターピルが処方されます。ただ、病院を利用するということはアフターピルの代金だけではなく診察料も必要となります。診察料は2000~3000円程度です。薬代を合わせると5000~10000円程度必要になります。医療機関はクレジットカードは使用できませんし、アフターピルは72時間以内に服用しなければなりませんので、あるていど手持ちのお金が必要になります。

次に通販で手に入れる方法について紹介します。
通販で手に入れるということは、注文してからすぐ手に入れる事ができるわけではありません。そのため、緊急時には向いていませんが事前に購入しておくという場合に活用できます。病院で取り扱っている医薬品や海外でしか出回っていない医薬品を購入することができますので、非常に選択肢は多いです。自分に合った医薬品を選ぶことが出来るという魅力があります。また、診察料も不要ですし、ジェネリックであれば低価格で購入することができます。

病院と通販をうまく使い分けることで、賢く健康管理をすることができます。